【FX】トラリピ

【豪ドル/米ドル】トラリピの利益検証と今後の動向:2019年度版

トラリピ運用で、豪ドル/米ドルの利益が最大になる利益幅を検証し、その設定でシミュレーションしました。

今回の記事では、豪ドル/米ドルの過去5年間のチャートを使用し、本当に必要だった資金と稼げた利益をまとめています。

また、2019年の豪ドル/米ドルの動向を考察していきます。

豪ドル/米ドルの利益と口座内資金の推移を検証
  • 過去5年間のチャートから利益と口座内資金を検証!
  • AUD/JPYで利益を最大にする利益幅を検証!
  • 最適なトラリピ設定【豪ドル/米ドル】!
  • 豪ドル/米ドルの今後の動向:2019年度版

トラリピ設定:豪ドル/米ドルの過去チャートから口座内資金の推移を検証

トラリピでは、設定する項目はシンプルです。

トラリピ設定項目
  • 仕掛けるレンジ幅
  • レンジ内に仕掛ける本数
  • 1本あたり何通貨 (トラリピでは基本0.1万通貨)
  • 1回のリピートでねらう利益(利益幅)

これらの設定を決めれば、過去のチャートからおおよその利益と口座内資金の推移を検証することができます。

ここで問題となるのが利益幅です。

利益幅は、設定を間違えると大きく利益を減らしてしまいます。

それでは、さっそく豪ドル/米ドルの結果を見て行きましょう!

シミュレーション条件は次のようになります。

  • 期間:2014年1月1日~2018年10月15日
  • 使用足:日足
  • 通貨単位:0.1万通貨
  • 戦略:ハーフ&ハーフ
  • 上レンジ:0.825 ~ 1.000ドル (トラップ本数 : 100)
  • 下レンジ:0.650 ~ 0.825ドル (トラップ本数 : 100)

さて、この条件では、利益幅を0.0060ドルにすると累計利益が最大になります。

利益幅が0.0060ドル以上でも以下でも、得られる利益が下がるシミュレーション結果となっています。

それでは、利益を最大にするために利益幅を0.0060円にした時の口座内資金の推移を見てみます。

運用開始直後は、利益が十分に積みあがっていないこともあり、一時的に口座内残高がマイナスになっています。

この時、最低でも80万円の資金が口座内にないとロスカットとなってしまいます。

【トラリピ運用の基本】ロスカットされない口座維持率:実績紹介ありトラリピで長期運用をする際に、もっとも注意しなければならないのは『口座維持率』です。 では、なぜ『口座維持率』が大切なのでしょう?...

最初の3年間ほどをロスカットされずに耐え抜くことができれば、その後は利益も積み重なり、ロスカットの期間も極端に低くなります。

今回の設定では、ロスカットさえされなければ、5年間で130万円の利益を稼ぐことができることがわかります。

豪ドル/米ドルは、5年間で130万円稼げぐことができた!

豪ドル/米ドルの最適なトラリピ設定

過去5年間の結果から、必要な資金と稼げる金額がわかりました。

もちろん資金は余裕が合った方が良いですが、最低必要資金を知っておくことも大切です。

もし、この先5年間同じレンジ幅で値動きが起こるとすれば、この資金で同じような利益を稼ぐことができるはずです。

それでは、その豪ドル/米ドルの最適なトラリピ設定を示します。

シミュレーションでは、決済トレールを使わないシンプルな条件で行いました。

決済トレールのトリガー価格は20pipsと決められていますので、最適な利益幅の0.0060ドルから0.0040ドルに変更しています。

また、ロスカットは行わない戦略ですので、ロスカットの設定はなしです。

最低入金額は80万円として、もしものために追加で投入できる資金は用意しておきましょう。

もしそれまでに利益を積み重ねることができれば、追加資金はいらないかもしれません。

この設定では、5年間で130万円の利益が目標になります。

目標は、80万円の資金で、5年間で130万円の利益!

豪ドル/米ドルの今後の動向:2019年度版

トラリピでは、自分の資金力でロスカットされないレンジ幅を想定することがもっとも重要になります。

想定レンジ幅以上に価格が動いてしまった場合、強制ロスカットにより資産を失ってしまう可能性あります。
>> ロスカットと口座維持率:口座状況で見るべき唯一のポイント!

そこで、価格変動によりロスカットされないために、2019年度の豪ドル/米ドルの今後の動向を予測してみたいと思います。

予測が外れる可能性もありますが、価格幅を事前に想定しておくことは非常に大切です。

もし、想定外の方向に動いた場合の対応策も事前に考えておきましょう。

さて、通常、通貨の価格は『需要』と『供給』で決まります。

その国がどんな状況であれ、需要があれば価格は上がり、需要がなければ価格は下がります。

しかし、通貨の需要は、様々な経済的な要因が絡みあって決まるため、考え過ぎると良くわからなくなることが多いです。

そこで、今後の動向を考えるために、通貨は『国の信用』によって成り立つという部分に注目します。
>> 貨幣の「新」世界史:『お金』の歴史を生物の成り立ちから解き明かす

国債の金利は、国家の信用によって決まります。

そのため、シンプルイズベストということで、今回は金利と価格にだけ注目することにします。

代表的な国債10年の利回りと価格の変動に注目して、今後の動きを考えてみます。

チャートには、2000年以降の経済の大きな事件を記載しました。

経済の大事件で金利がどう動き、価格がどう動いたのかを見ていきましょう!

灰色線・・・AUD/USDの価格
青線・・・アメリカ国債10年の金利
オレンジ線・・・オーストラリア国債10年の金利

アメリカ同時多発テロ

2001年9月11日にアメリカ同時多発テロが発生しました。

この時、一時的に急激なドル安が進みましたが、テロのような事件の場合、影響は一時的なものとなります

しかし、その後アメリカ国債10年の金利が下がり、AUD/USDの価格は少しずつに上がっていきました。

サブプライムローン問題・リーマンショック

2007年夏頃にサブプライムローン問題をきっかけにアメリカ国債10年の金利が急激に下がっていきます。

この時、AUD/USDの価格はほとんど変わりませんでしたが、その後のリーマンショックで大きく価格を下げます。

金利差で見た場合、リーマンショックの影響でアメリカとオーストラリア国債10年の金利差は縮まっています。

そのため、AUDはドル安になる以上に価格を下げ、大幅な下落が起きます。

ただ、一年もするとオーストラリア国債の金利も元に戻り、AUD/USDも元通りの水準に戻っています。

欧州債務危機

2010年にギリシャの債務隠しなどがあり、ユーロ圏の財務危機が発生します。

この頃より少し前からアメリカ国債の金利がどんどん下がっています。

これは、リーマンショックによる不況を立て直そうとFRBが行った量的緩和政策の影響になります。

量的緩和政策では、通貨をどんどん発行しますが、このような施策を行うと『国の信用』が下がります。

そのため、『国の信用』が下がれば金利も下がり、さらに通貨の供給量が増えるため、通貨の価値も下がります。

USドルの価値が下がり、AUD/USDとしては1.05ドル付近の高い水準をしばらく推移しています。

FRB量的緩和政策の終了

2014年10月にFRBが量的緩和政策の終了を決めました。

その後、トランプ政権の誕生もあり、政策金利んの引き上げにより、国債の金利はじょじょに上がっていっています。

ここで、注目すべきは、アメリカ国債10年とオーストラリア国債10年の金利が逆転しているということです。

さて、この状況を見て、2019年はAUD/USDはどのように動いていのでしょうか?

AUD/JPY : 2019年の動向の予測

2019年1月現在、AUD/USDは0.70ドル付近を推移しています。

ここで、オーストラリアの政策金利に注目です。

オーストラリアの政策金利は、当面据え置かれる見通しです。

また、FRBもアメリカの政策金利を当面据え置く可能性を示しています。

つまり、金利差だけを見た場合、2つの国の金利差は変わらず、AUD/USDは2019年も0.70ドル付近を推移するのではないかと考えられます。

しかし、アメリカの金利がオーストラリアの金利を上回ったことから、資金が少しずつ豪ドルから米ドルへ流れ、豪ドル/米ドルとしては下落方向に進む可能性も考えられます。

そのため、豪ドル/米ドルは0.60 ~ 0.70ドル程度が2019年度の見通しとなります。

AUD/USDは価格が下がる可能性が高い!

さいごに:トラリピ運用で毎週3,000円稼ぐ

現在、NZD/USD, NZD/JPYに絞り、トラリピ運用で¥3,000円/週の利益を上げています。

一度、損切りを経験し、より安全な設定に修正し、トラリピの運用を続けています。

大学生時代、新入社員時代にFXのスキャルピング漬けだった経験から、トラリピのシステムの論理的な考え方は非常に納得のいくものです。

自分の時間が奪われず、日々の値動きにも追われることなく、利益を得られる手法があるとは考えもしませんでした。

FXはギャンブルだと思われている方も多い(過去の自分も含む)と思いますが、使い方次第では立派な資産運用ツールになります。

このブログでは、損切りした場面利益が得られる場面を毎週報告していますので、みんさんのトラリピ運用の参考にしてください。

半年も運用すれば、コツがわかってきます!

こんな記事もおすすめ